大阪のタクシー8%減車へ、人手不足で各社相乗り

 大阪市と周辺の市のタクシー会社がタクシー台数を8%削減する方針を固め、供給過剰の解消に向けて一歩を踏み出す。2015年に国からタクシー台数が過剰だとする「特定地域」に指定され、2年近くをかけて合意の見通しが立った。タクシー運転手不足と需要減が背中を押した形だが、尻すぼみを脱するためには需要開拓の努力が欠かせない。

 対象となる「大阪市域交通圏」(大阪市、堺市、東大阪市、豊中市など計8市)では当初、…日本経済新聞 電子版

N新聞社の飛ばし記事??今度こそ実現するのでしょうか…。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ツイッターのアカウントです

日記ランキングに参加しています



にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ

ページランク

アーカイブ

ページ上部へ戻る