タクシーの事故には事業者も運転者もかなり厳しいペナルティがある!

 1年365日街なかを走っているのがタクシー。それだけ確率からいっても事故に遭遇する機会は多い。そしてタクシー事業者の経営を悩ますのが事故である。

 あくまで一般論であるが、タクシーの事故では実車中(お客を乗せて走っている)よりは、空車のときのほうが多いとも聞く。見ず知らずの第三者を仕事のために乗せて走るという行為は、想像している以上に緊張することである。そのため、お客を降ろしてメーターを空車に戻して、緊張がほぐれた瞬間や空車走行で漫然と運転しているときなどに事故が多く発生するようだ。

 新人のうちはガチガチに緊張するのは当たり前ともいえるが、たとえベテランといえども、レベルは違えどやはり緊張してお客を乗せていることには変わりないのである。…
WEB CARTOP

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ツイッターのアカウントです

日記ランキングに参加しています



にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ

ページランク

アーカイブ

ページ上部へ戻る