タクシーの車窓から淡々とご報告。

  1. タクシーニュース
  2. 43 view

京都でもタクシー初乗り400円台申請 ちょい乗り開拓

 京都市のタクシー大手、弥栄(やさか)自動車(京都市下京区)と都タクシー(同市南区)が、「ちょい乗り」需要の開拓に乗り出す。現在「1・7キロ590円」の小型タクシー初乗り運賃を「約1キロ400円台」に下げたいと、国土交通省京都運輸支局に3日付で申請した。ただ、実現には他社も追随する必要がある。

 弥栄自動車は「1・2キロ450円」を申請。現行は「1・7キロ600円」の中型も450円に統一する。都タクシーはグループ2社と合わせ「1キロ400円」で申請。両社とも初乗りは安くなるが、一定の距離を超えると値上げになる。

 京都市域の小型タクシーの初乗り運賃は現在、「1・7キロ550~610円」。両社のグループのタクシーの台数は、市域の法人車両全体の3割ほど。国交省は、運賃改定には7割を超す申請が必要としている。

 初乗り1キロ程度の手ごろな運賃体系は東京都心部などで始まっている。都タクシーの筒井基好社長は「京都は1キロ圏内で回れる名所が多く、東京よりも需要が多いのでは」と見込む。(佐藤秀男)
朝日新聞

タクシーニュースの最近記事

  1. ハイヤー・タクシーの行政処分(9月)

  2. タクシーの事故には事業者も運転者もかなり厳しいペナルティがある!

  3. お客さんを送った帰りのタクシー・高速料金は誰が払う?

  4. 京都でもタクシー初乗り400円台申請 ちょい乗り開拓

  5. 大阪のタクシー、減車計画を認可

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日記のランキングに参加しています


PAGE TOP