多くの事業者が禁止している名刺営業もこっそり行われている

 まずタクシー運転手が、とくに深夜の“ロング客”と呼ばれる長距離利用客に、自分の名前と連絡先(携帯電話番号やメールアドレス)などを記した名刺を渡し、「今度からは無線センターに電話せずに、直接電話ください」として、お馴染みさんになってもらうような営業行為を“名刺営業”と呼んでいる。タクシー
 現在では法人タクシーの運転手については名刺営業を禁じる事業者がほとんどとなっているが、深夜になると居酒屋やスナックなどへの無線配車(店から無線センターに電話が入り、無線連絡を受けタクシーがその店へ迎えに行くこと)が稼ぎ頭のひとつとなる地域では、会社に内緒で、名刺営業しているケースはまだあるようだ。…
WEB CARTOP

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ツイッターのアカウントです

日記ランキングに参加しています



にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ

ページランク

アーカイブ

ページ上部へ戻る