ロンドンの黒塗りタクシーEV化、アルミ生産の再開に寄与

ロンドンの黒塗りタクシーの電気自動車(EV)化は、自動車技術の新たな波が金属業界を既に変化させつつあることを示している。
  ノルウェーのアルミニウム製品メーカー、サパは、市況が軟調だったため3年間にわたり停止していた英ウェールズ南部にあるプラントの操業を今週再開し、黒塗りタクシーを製造するロンドン・エレクトリック・ビークルなどの自動車メーカーにアルミ部品を供給する。
電気自動車の黒塗りタクシー
電気自動車の黒塗りタクシー フォトグラファー:Simon Dawson / Bloomberg
  これは、自動車の新技術導入で主要な材料としてアルミが復活した一例だ。中国が違法な生産能力の取り締まりを進める一方、新規需要が拡大する状況で、アルミ価格は2016年初め以降、約40%上昇。アルミ業界は10年代の初めに供給過剰問題で苦境に陥り、アルミ価格は08年に付けた過去最高値を37%下回る水準にとどまっている。…
Bloomberg

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ツイッターのアカウントです

日記ランキングに参加しています



にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ

ページランク

アーカイブ

ページ上部へ戻る