タクシーの車窓から淡々とご報告。

  1. タクシーニュース
  2. 0 view

2030年にタクシーやバスで走行距離の25%が自動運転に

 自動運転の研究開発を行う米ベンチャーであるnuTonomy社CEO(最高経営責任者)のKarl Lagnemma氏は自動運転のシンポジウム「Automated Vehicles Symposium2017」(主催は米交通運輸研究会議:TRB)で講演し、自動運転車の普及の予測や普及するために必要な課題について述べた。
 nuTonomy社は米MITの学内ベンチャーとして2013年夏に設立され、2014年夏にLand Rover/Jaguar社、2015年冬にシンガポール政府、そして2016年秋にシンガポールを営業拠点とするライドシェアリングのGRAB社と連携し、事業の基盤を築いてきた。講演の中では、仏Renault社の小型車のルーフ部分に米Velodyne社製のLiDARを搭載した車両でシンガポールの市街地で、運転者が運転席に乗る状態で自動走行する様子が動画で紹介された。。…
日経テクノロジーオンライン

タクシーニュースの最近記事

  1. ハイヤー・タクシーの行政処分(9月)

  2. タクシーの事故には事業者も運転者もかなり厳しいペナルティがある!

  3. お客さんを送った帰りのタクシー・高速料金は誰が払う?

  4. 京都でもタクシー初乗り400円台申請 ちょい乗り開拓

  5. 大阪のタクシー、減車計画を認可

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP